金融事故を起こしたらもうローンは組めない?ブラックリストってなに?

MENU

金融事故を起こしたらもうローンは組めない?ブラックリストってなに?

ブラックリスト、あるいは金融ブラックと呼ばれるものを聞いた事がありますか?

 

そこに名前が記載されると、信用を失い銀行をはじめ、どこの金融機関からもキャッシングができなくなるというものです。

 

ですが、正確にはブラックリストなるものは存在しないのです。

 

ではなぜブラックリストと呼ばれるものがあるかのように世間で言われているかというと、まず、銀行や金融会社は個人信用情報機関に加盟しています。

 

この個人信用情報機関は加盟しているそれぞれのクレジット会社から顧客の情報を集め、必要に応じて加盟しているクレジット会社に公開します。

 

金融会社はお金を貸し出す時に、安心して借り入れを申し出てきた顧客にお金を貸せるかどうか、個人信用機関を使って調査します。

 

そこに過去、顧客が自己破産やローンの滞納など危険な情報があると個人信用情報機関の情報を他の銀行や消費者金融会社も情報を共有しているのでキャッシングを断られるという仕組みになっているのです。

 

この事を主にブラックリストに載ったと言われます。

 

 さて、ブラックになってしまった影響ですが、審査が通らないばかりか、すでにキャッシングやローンの審査が通っている契約中のものまで止められてしまうことがあります。そういう事態を招くと返済残高をまとめて返済してくれと言われる事があります。

 

 クレジットカードの自動更新も金融事故があると更新してくれなくなります。またも一括の支払いを要求されカードも破棄されます。

 

ではブラックになった人がローンを組むにはどうすればいいのか?

 

それにはまず自分がブラックという状態から脱出するというのが一つの手です。

 

それは個人信用情報機関に記載された本人の金融事故情報が消える時です。そうするには債務整理をしなければなりません。

 

債務整理には任意の整理、個人再生、自己破産手続きとおおまかにわけて三種類あります。

 

自分の金融事故情報が個人信用情報機関から消去される期間は人によって違うので断定できませんが、おおよその期間は以下の通りとなります。

 

  • 任意の債務整理:債務完済からおおよそ5年ほど
  • 個人再生:完済からおおよそ5年ほど
  • 自己破産手続き執行:免責の確定からおおよそ7年ほど

 

以上になりますが、自分がいつブラックになってしまったかにもよって変わっていきます。

 

目安となるのはだいたい5年といったところです。

 

また、例えば住宅ローンを組む際に過去にブラックになった経験があったとしても安定した収入が現在あればローン申請の結果は変わってきます。

 

5000万の物件を買うとして頭金が3000万以上用意できるなら、ローン会社も貸してくれやすくなるかもしれません。

 

 上記でも書きましたが安定した収入がある=現役としてしっかり仕事をしているとなると住宅ローンは重要なポイントとしてどれだけ長い間一つの仕事に続けて勤務しているか?年収はいくらもらっているか?を見てきます。

 

複数のローンを同時に組んでいたりするとマイナスポイントです。

 

過去の負債より住宅ローンの場合は現時点での環境を重要視するようです。

 

 しかし自身がブラックになっていて尚且つ、いますぐお金がいる!五年以上も借り入れが待てない!という方がいます。

 

そういった人にも条件はつきますが貸してくれる消費者金融はあります。バンクや大手金融会社では難しいのが実情ですが、地方に本拠があり、それなりに規模が大きな消費者金融会社を探しましょう。

 

 例えばフクホーという消費者金融会社ですと、規模はそこまで大きくありませんが、審査が甘く比較的大手の消費者金融会社では断られたブラックの人にも貸したという実績があるようです。

 

そういった派手な広告を売っていない消費者金融を探してみるのも一つの手段です。

 

ですが中には法律の上限を超えた暴利な金利を要求してくる闇金融といった怪しい会社もありますので借り入れの際には十分に調べてキャッシングしましょう。

金融事故でもお金は借りられる!?

消費者金融はお店に足を運ばなくても、自宅からインターネットで申込むことができます。

 

保証人や担保を用意する必要もありません。

 

さらに、融資もスピーディーで、即日融資と言ってその日からも利用できることが多くなっています。

 

とはいえ、無担保の融資は利息がやや高めに設定されていることもあり、
つい延滞してしまったという方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

過去に金融事故を起こした場合、新たに借入れをしようとしても、借りれる消費者金融というのはどうしても限られてしまいます。

 

急にお金を必要としているのに、金融事故で借りれないと悩まれている方は少なくありません。

 

でも、大手の誰もが知る消費者金融だけではなく、中小の消費者金融もまた多く
ありますし、審査の基準も業者によって違いがあります。

 

中には審査が甘めで、過去に金融事故を起こしている方の場合も、
審査がクリアできることもありますので、業者の情報はしっかり調べておきましょう。

 

金融事故で借りれないという場合は、
中小の消費者金融を利用すると良いかと思います。
インターネットからの申込みは来店不要で、24時間申込みが可能です。

 

金融サイトでは、借入れ可能かすぐに結果がわかるお借入れ診断が用意されて
いますので、まずはこちらで借入れ可能か調べてみるのも良いでしょう。

 

くれぐれも、虚偽の内容は入れないようにありのままの現状を入れて下さいね。
そして、自分の条件に合う消費者金融が見つかり次第、審査に申込むと良いでしょう。

多重債務者相談協会

中小の消費者金融限定!

一度に50社申し込み!

⇒多重債務者救済システムはこちら!

一度に50社だから脅威の融資率99%を維持しています。