JICC(日本信用情報機関)について

MENU

JICC(日本信用情報機関)について

 

JICCは、個人の信用情報機関になるようです。

 

ここには、信用情報の他に事故情報なども記録されております。

 

信用情報には、クレジットカードやローンなどを利用した時に、契約内容や返済・支払状況
(返済期日通りに支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、
新たにクレジットカードやローンなどの利用を希望する際に、クレジット会社やローン会社などが
借りる方の「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

 

そして、事故記録は消費者金融の審査の際に、共有されているようです。

 

大手など審査の厳しい消費者金融では、事故記録がある時点で借りれません。

 

お金を貸しても返済出来る能力がないと判断されてしまう為、ブラックの方だと借りれないようです。

 

でも、中小の消費者金融なら事故記録を気にしません。

 

事故記録があったとしても、現状を判断した上で審査を行ってくれます。

 

一定の収入があり、その方に返済能力がある事が認められれば事故記録があっても借りる事が可能となります。

 

その為、中小の方が審査通過率が高いと言われているようです。

 

ブラックの方でもOKなのは、中小くらいだと言えるかもしれません。

 

中小もしっかりとした正規の消費者金融になりますので、
安心して借りる事ができると言えるでしょう。

消費者金融が加盟している情報機関

大手の消費者金融はJICCやCIC、KSCなど、個人信用情報機関に加盟しているようです。

 

加盟している会社は、審査の際に情報機関に記録されている情報を確認します。

 

個人信用情報機関には、名前や住所の他に会社名や事故情報なども詳しく記録されるようです。

 

一度でもローンやカードを利用すると情報が登録されてしまうようです。

 

記録内容に問題が生じなければ、大手・中小の消費者金融に関係なく利用できます。

 

でも、事故情報の記録がある場合は利用が難しい場合もあるようです。

 

大手など審査の厳しい消費者金融だと、ブラックの人ではまず借りる事はできないでしょう。

 

なので、事故記録があり大手では審査に通らない、利用出来ない人は、中小の消費者金融をお勧めします。

 

中小なら大手のように事故歴を気にしません。

 

過去の信用ではなく、現状などを把握した上で審査を行ってくれるようです。
利用条件をクリアしていれば、ブラックの方でもOKだと言われています。

 

融資実績のある所も多く、実際にブラックの方でも借りられたようなので、審査に申し込んでみると良いかもしれません。

 

もちろん、中小も大手と同じ正規の消費者金融になりますので、
その点は、安心して借りる事ができるでしょう。

ではブラックで借りることは可能か?

 

過去7年以内の間、自己破産や特定調停などの債務整理をして借金を整理した人は、
すでに先にも申しましたとおり、信用情報センターのブラックリストに登録されています。

 

信用情報センターは主に銀行系、信販系、消費者金融系、外資系に分かれていますが、
ブラック情報は共有されていますので、仮に別の金融会社の審査を受けたとしても、
審査に通ることはありません。

 

何しろ借金を焦げ付かせていますので、貸金業者からして見ればブラックの方は、信用はゼロということになります。

 

そんな信用のない人にお金を貸すような業者は、普通に考えてもあり得ないでしょう。

 

もしも借りれるとすれば、保有するクレジットカードの商品枠を使って現金化したり、
少し危険ですが、事業登録していない闇金を探すかになります。

 

ただし、闇金はその名のとおり、違法業者ですので絶対手を出さない方が良いでしょう。

 

お金を借りる時は、まず金融業者選びが重要な鍵になってきます。

 

利用する会社によって審査基準が異なります

 

借入れ審査の基準は各金融会社ごとにより違ってきます。

 

大手や銀行系の知名度の高い金融業者ほど審査基準は厳しくなり、借入れ件数が
4件以上ある多重債務者や、年収の3分の1以上の借金のある総量規制対象者などは、
審査に通らないでしょう。

 

ブラックの方は審査で落とされてしまいますので、審査を受けるだけ無駄になってしまうでしょう。

 

また審査を受ければ受けるだけその情報も共有されますので、余計に不利に働きます。

 

その点、中小の信販会社や消費者金融になると、いくぶん審査基準も甘くなり、
借り入れ件数が4件前後でも融資が可能なところもあります。

 

一番審査の甘い消費者金融は中小も多数ありますが、その他にネット広告に細々と掲載されている名もない街金融です。

 

街金融は一見、闇金融と間違われてしまいそうな雰囲気が漂っていますが、
所轄の都道府県に貸金業として登録されている業者ですので、上限金利を守って貸付けしているでしょう。

 

こういった事から、中小の消費者金融や街金融も安心して借りる事ができると思います。

 

融資実績のある会社も増えてきておりますので、焦らずに色々な金融業者を参考にして
見ると良いかと思います。

 

 

 

多重債務者相談協会

中小の消費者金融限定!

一度に50社申し込み!

⇒多重債務者救済システムはこちら!

一度に50社だから脅威の融資率99%を維持しています。