カードローンは、個人個人みな利用限度額が違う!?

MENU

カードローンは、個人個人みな利用限度額が違う!?

カードローンやクレジットカードなど、キャッシングには必ず利用限度額が設定されています。

 

みなさん、ご自身の利用限度額がどのくらいなのか分かっていますか?

 

多くの人が勘違いをしてしまっていたり、限度額を知らずに使っていたりすることはありませんか?

 

申込み前に、利用限度額について理解しておいた方が良いので、実際にどうあるのか考えてみましょう。

 

そして、理解した上で、自分の利用限度額はいくらなのかをしっかりと把握しておきましょう。

 

 

利用限度額とは一体どういったものなの!?

 

クレジットカードやキャッシングを利用した事のある人なら、
聞いたことくらいはあるだろう「利用限度額」ですが、そもそも何のことを言っているのでしょうか?

 

利用限度額とは、個人個人に設定されたここまで使えるという金額枠の事を指します。

 

何かの用で「今すぐ1万円必要だから借りたい!!」と思った時、
消費者金融などに行って1万円借りて、
後でまた1万円返したら終わりというわけではありません。

 

一般的な消費者金融などの貸金会社は、
申込みをした人にカードを発行して、ある金額内であれば何度でも利用することができるようにしています。

 

もちろん、
この1万円を返済した後は、二度と利用しないのもご自身の自由です。

 

利用しなければ返済を請求されることもなく、ただ眠っているカードとなります。

 

しかも、何かの用で再び借りたい事情ができた時に、
再度申込みをしなくてそのまま借りることができるので、とても便利です。

 

このキャッシングカードを手にすると、いくらでも好きなだけ借りる事ができるという訳ではありません。

 

ある金額に達すると、それ以上を借りることはできなくなってしまいます。

 

この「ある金額」というのが利用限度額になります。

 

申込み時に審査を行っていますが、この審査結果により、個人個人に合った利用限度額が設定されます。

 

同じ貸金会社であっても、「同じ職場で働いている人!同じ給料の人!」であっても、
別々で審査して決めるので、いくら条件が似ていても、全く違う限度額になることも多いです。

 

「Aさんは30万円の枠だったが、Bさんは50万円の枠だった」という違いなのです。

 

 

最大借入れ額と限度額 勘違いに注意!!

 

消費者金融などの貸金会社のホームページや広告などを見ると、
「300万円まで融資可能」や「最大300万円の融資」などという商品を見かけます。

 

これは最大借入れ額です。

 

この会社が1人のお客様に対して貸せるお金の最大が300万円というだけのことであり、
個人の利用限度額が300万円ということではありません。

 

どんなに収入の多い人であっても、どんなに大金が必要であっても、300万円以上は貸せません!!
という意味でもあります。

 

例えば

 

住宅ローンとかならケタが違い過ぎるので、他で融資して下さい!!

 

ということです。

 

最大300万円までの貸金会社であれば、1万円〜300万円の中で、審査により限度額が決まります。

 

最大借入れ額内で限度額が決まるのです。

 

「ここなら300万円貸してくれるんだ!!」なんて勘違いが多いです。

 

300万円融資できると広告に書いてあっても、
実際は30万円の限度額ということも多いのでここは注意しておきましょう。

 

利用限度額は実際にどうやって設定される!?

 

審査により、個人それぞれで限度額が違うと言われても、実際にどれくらいの限度額になるのか気になるところです。

 

実際は審査により決定するもので目安程度ですが、よくある例を紹介しておきます。

 

総量規制をしっかり理解しておこう!!

 

貸金会社の最大融資可能額が300万円だった場合でも、個人に設定される限度額は違うと言いましたが、

 

逆に個人の最大融資可能額は果たしていくらだと思いますか?

 

住宅ローンや銀行での融資など、一部例外となるものもありますが、
消費者金融などから融資をしてもらう時は、総量規制が関係してきます。

 

総量規制は、
年収の3分の1以上の融資をしてはいけないという決まりがあります。

 

つまり、年収450万円の人の最大融資可能額は、3分の1で150万円になります。

 

貸金会社の最大融資可能額が300万円であっても、
年収が450万円の時点で、最大は150万円になるという事です。

 

この150万円を最大として、この範囲で限度額が決まります。

 

 

他社に借入れが既にある人は限度額少ない!?

 

既に他社から融資をしてもらっていて、更に別の会社からも融資をしてもらおうと考えることは結構あります。

 

2、3件くらいであれば、まだなんとかなるものですが、
これが5件、10件ともなるとかなり大変なことになる方が多いでしょう。

 

多重債務は返済できない、返済してもらえないという深刻な問題に発展します。

 

返済してもらえないと貸金会社も経営が困難となるでしょう。

 

なので、他社に借入れがある為に、新規の借入は厳しくなると思っておいて下さい。

 

また、総量規制の金額は多数の貸金会社から借りている場合には、
全社まとめての合計金額になります。

 

年収450万円なら最大150万円ですが、
1社から150万円を数社借りれるのではなく、
5社なら5社合計して150万円までになります。

 

という事は、他社に既に借入れがある場合は、
他社の限度額分はもう借りれないのが決定していますので、
それだけ限度額は少なくなっていくというのがお分かりになると思います。

 

 

キャッシング利用が初めての人は少ないの!?

 

他社からの借入れどころか、キャッシング自体が初めてだという人も中にはいるでしょう。

 

どこからも借りていない、真っ白なお客様ならどんどん融資をと思いがちですが、
初めての人も最初の限度額は少なくなりやすいです。

 

これは、信用問題に関係してきます。

 

一昔前!?になるかと思いますが、
直接お会いして話をして、目の前で契約書を書いてという契約は、今は全くありません。

 

ほとんどがインターネットで終わらせる時代です。

 

在席確認や本人確認をしっかり行っていたとしても、実際は見た事もない人を相手に、
お金を貸すわけですから、リスクは半端ないものでしょう。

 

申込みからわずか数十分で融資可能なんて事も増えています。

 

これで信用しましょうというのも無理な話だと思います。

 

貸金会社を数多く利用した事がある人ならば、貸金会社は信用情報を共有しているので、
信用できる優秀なお客か、ダメなお客かをある程度見抜く事も可能です。

 

ただし、初めてとなるお客様だと正直な所、全く分かりません。

 

なので、最初は少ない限度額からスタートする事が多いです。

 

借入れと返済を繰り返しているうちに、バランスよく利用していると判断され、
その結果、信用が大きくなって増額希望が通りやすくなったり、貸金会社の方から増額をしてくれることもあるので、
まずは信用してもらいましょう。

 

利用限度額を変更したい場合は!?

 

「思っていたより限度額が少なかった!!」という事や「ここまで借りることもないから必要ない!!」

 

と思うこともあるとは思いますが、限度額の変更は不可能ではありません。

 

 

限度額が足りないから是非増やしたい!!

 

他社に借入れがある場合や初めての利用の時には、限度額が少なく設定されることも多いです。

 

とりあえず今に必要な分はどうにか確保できたとしても、
この先、今の限度額より多い金額が必要になる事も大いにあり得ることです。

 

更に、
他社に申込みをして借りるのも1つの手ですが、多重債務は返済がとても困難になる原因でもありますので、できるだけ避けたいものです。

 

できるなら1枚(1社)のカードで済ませておくべきでしょう。

 

限度額が少ない、どうしても今回はもう少し多く貸してもらいたい...。

 

そんな時には、限度額の増額を申込みましょう。

 

インターネットから申込める場合と、電話が必要な場合がありますが、どちらかで申込めると思います。

 

増額を希望した時には再度審査が行われます。

 

審査があるということは、必ずしも増額を希望すればそれが通るというわけではないということです。

 

中には希望に添えないこともあります。

 

逆に、事情を説明すれば一時的に、その時だけ増額してくれるというサービスをしてくれる貸金会社もあります。

 

どうしても必要な資金ができた時には、無理を承知の上で相談してみても良いかもしれません。

 

ただし、しっかりと計画的に踏んでいきましょう。

 

限度額が多いので減らしたい!!

 

数万円借りたいだけの為に作ったカードなのに、100万円も限度額がある。

 

この先も何かで借りることがあるかもしれないけど、

 

こんなに借りることはないだろう...というパターンもあるでしょう。

 

100万円の限度額があったとしも、借りたり使わなかったりしなければ、
別に何の問題もないので放置して大丈夫ですが、

 

ちょっとした油断で借り過ぎてしまうなんてことも心配です。

 

借りれる余裕がある人ほど、「まだ大丈夫!」と謎の安心感に包まれてしまいます。

 

計画的に利用していたキャッシングも、気が付けば大きく膨れていることにビックリします。

 

絶対に無理な借入れはしないと自信のある方は放置でいいですが、
借り過ぎが不安な方は限度額を減らしてもらいましょう。

 

しかし、会社によっては、減枠はしてない貸金会社もあります。

 

その場合は、強い意志を持って相談してみましょう。

 

ただし、やっぱり必要なお金ができてしまった...

 

なんて時には再度、増額の申込みをすることになりますが、必ずしも増額してもらえるとは限りません。

 

減額する時は無理にならない程度に、少し余裕を残しておく方が良いかもしれませんね。

 

利用する前に限度額を知っておこう!!

 

カードを郵送で送ってもらった時などは、よくクレジットカードなどで見られますが、
契約内容が書かれた用紙が同封されています。

 

ここに限度額も記載されていることが多いかと思います。

 

もしくは、インターネットのマイページにログインしてみましょう。

 

最近は、スマホのアプリで借入残高などの確認もスムーズにできるようになっていて非常に便利です。

 

限度額という項目がなかったとしても、借入残高や利用可能額で限度額を知る事ができます。

 

利用する前に、しっかりと限度額をチェックしておきましょう。

 

自分が予定していた金額よりも多い限度額だった場合、気が付かないうちにふと借り過ぎてしまうこともあるので、利用前にチェックすることをオススメします。

 

 

限度額は定期的に確認しておこう!!

 

最初に設定された限度額が一生続く場合もあれば、いつの間にか勝手に変更されている場合もあります。

 

余程のことがない限り、勝手に限度額を減らされているなんてことはないと思いますが、増えることはあり得ます。

 

貸金会社によって色々で、増額できる時には連絡をくれる会社もあれば、勝手に増額していることもあります。

 

勝手にする増額する会社の場合は注意が必要なんです。

 

10万円しか限度額がないカードを持っていたとします。

 

限界まで借りても10万円。

 

返済には余裕があるので気にせず何度も借りていました。

 

しかし、ある日、突然30万円に増額されていたのです。

 

そんなことも知らずにいつものようにキャッシングしてしまい、
次の請求を見て「えっ!?なにこれ!!」なんてことは意外にも結構多くあることなのです。

 

増額されて多く借りるということは、
それだけ1度の返済金額も多くなる可能性があるということなんです。

 

返済金額が1万円上がるだけでも生活に支障が出てくることも多いでしょう。

 

むやみに借り過ぎないことが1番ですが、
貸金会社のご厚意の増額に気が付かずに借りてしまったなんてミスはないようにしたいです。

 

定期的に限度額のチェックをしておけば、それだけで借り過ぎた分は未然に防げます。

 

同時に、借入残高やいくら以上借りれば返済額が上がるのかなどもチェックしておけば、安心できるでしょう。

 

 

限度額は審査が終わるまで不明なの!?

 

総量規制などは単なる目安にしか過ぎません。

 

結局は申込みをして審査に通るまでは、自分の利用限度額がいくらなのかは分かりません。

 

だからこそ利用前・利用中の限度額チェックは大切なのです。

 

特に、複数のカードを利用している人は、カードによって限度額が違うかと思います。

 

他のカードの限度額と勘違いして使ってしまったなんてことも防ぎたいです。

 

貸金会社の最大融資額は特に考えなくてもOKです。

 

総量規制の範囲内で、限度額が決まると思っておいて良いでしょう。

 

総量規制の金額も、自分が借りれる『最大の額』ということを頭に入れておきましょう。

 

ただし、その最大が決して確実ではないということも理解しておきましょう。

多重債務者相談協会

中小の消費者金融限定!

一度に50社申し込み!

⇒多重債務者救済システムはこちら!

一度に50社だから脅威の融資率99%を維持しています。