カードローン 気になる審査基準とは!

MENU

カードローン 気になる審査基準とは!

カードローンを作るのに一番気になるのが審査だと思います。これがクリアしなければどうしったってカードを持つことができないのです。

 

審査に申込んで通らなかったら、お金を借りることが出来ないので、最も重要なことだと思います。

 

この審査基準ですが、

 

必ず重要視されるのが安定した収入のある人とか、20歳以上60歳未満という年齢制限です。

 

この条件は、どこの金融会社でも設けられている最もわかりやすい基本項目です。

 

これは返済能力に関わることなので、基本中の基本です。

 

大手の金融会社ともなると、安定した収入がない!

 

定職に就いていない!

 

そんな人は、申込み以前の問題で対象外とされます。

 

更に、大手の場合属性も大事ですので、借金がある!

 

事故歴があるなどの問題がある人は融資対象外なのです。

 

一方で、中小の消費者金融の場合、多少収入が不安定でも申込みができたり、会社によってはブラックの人や無職の人でも条件次第では少額融資を行っていることもあります。

 

こうしてみてみると、大手の消費者金融は審査基準が厳しい傾向にあり、
中小の消費者金融の方が緩い傾向にあります。

 

大手の場合、金利が低く設定されていることが多く、その上融資限度枠が高額で用意されている為、どうしてもリスクが高くなります。

 

そのリスクの軽減という点で、借入れを希望する人の返済能力と人柄を非常に重要視することになるのです。

 

仕事が確実に安定している公務員や一流企業のサラリーマンなどが有利とされるのはここにあります。

 

中小の場合だと、金利が大手と比較した際に高めで設定されていることが多く、

 

融資限度枠も低めに設定されているので、大手よりもリスクが低くなっているのです。

 

もしも大きな借入れの予定もなく、審査基準が緩い会社を探しているのであれば、中小の消費者金融を利用するのもひとつの方法といえます。

 

ただ、その時に気をつけてもらいたいこともあります。

 

それは悪徳業者=闇金ということなのですが、

 

この闇金は中小の金融会社の中に紛れ込んでいます。

 

利用者に対して都合のいい謳い文句で勧誘して、融資が成立したらこっちのものという態度で、
申込みの時とは違う条件を突きつけてきて、高額の返済を要求してきたりします。

 

金融会社は基本的に、国が認可しなければ経営してはいけない決まりがあります。

 

登録した時に番号も発行され、それを店頭や公式サイトに掲げる義務もありますから、その辺りはしっかりと確認するべきです。

 

また、インターネット上の口コミや書き込みなどもあなどれません。

 

実際に利用した人の声も確認出来るので、この辺りもしっかりとチェックすることをオススメします。

多重債務者相談協会

中小の消費者金融限定!

一度に50社申し込み!

⇒多重債務者救済システムはこちら!

一度に50社だから脅威の融資率99%を維持しています。