キャッシング借入れ審査のポイント

MENU

キャッシング借入れ審査のポイント

最短最速・即日融資が出来るキャッシング審査の甘い金融会社が行う一連の流れになります。
キャッシング審査を行うには、3つのハードルをクリアしなくてはなりません。

 

 

まず最初に行われるのが仮審査です。

 

仮審査でまず問われるのが

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 住居状況(居住年数)
  • 家族構成

などが問われます。

 

このデータを基に金融会社が融資可能か不可なのかを判断します。

 

ここで審査が通れば、融資額などの判断を数値により決定します。

 

最短で審査結果が出せるのは、数値を使い判断を行っているからです。

 

数値はお客様の情報を統計的にデータとしてまとめスコア化したものになります。
お客様の情報は数値での判断となりますので審査基準が明確になり、より短時間で審査結果が出せるのです。

 

融資までの時間短縮に繋がり、何より借入れするお客様を長い時間待たさずに最短で結果を出せるようになりました。

 

結果、この数値システムのおかげで「最短30分でご融資」などが可能となりました。

 

この機械的な審査が仮審査と呼ばれている段階になります。

 

 

二つ目は、債務状況です。

 

信用情報機関を通じて、

 

現状他社からの借入れがあるのか?
あるなら何社借入れで?
金額はいくらなのか?

 

の確認や、過去に返済遅延や滞納、トラブルの有無などを確認します。

 

キャッシングにおいて最も厳重に確認する項目として返済できる姿勢と実績になります。

 

属性や収入(年収)から返済できる人なのか、返済能力があるのかを判断し、過去に借入れがあった場合は、その返済経歴からの情報を基に返済に対する実績を細かく調べます。

 

これは、信用情報機関がデータの統計化を図り、それを保持して金融会社が共有しているのです。

 

その為、一度でも借入れが見られる場合は、審査基準はかなり明確になってきますので、まずは返済が遅延したかの確認、また返済に対してトラブルを起こした有無の確認がされます。

 

そして問題がある場合は、一般の人よりも審査が厳しくなります。

 

逆になんの問題も生じていなければ、比較的スムーズにキャッシングが受けられます。

 

どんな人でも必ず債務状況は聞かれる項目となります。

 

ここで重大なことは虚偽行為を絶対にしないという事です。

 

申告した債務状況が信用情報機関にあるデータと一致しない場合は、返済に対して信用性がない、不誠実な可能性があると判断されてしまい、審査に落とされてしまう可能性が大きくなります。

 

虚偽行為はまず通らないので、ご自分の債務状況は信用情報機関で把握されていると思っていて下さい。

 

 

そして最後は在籍確認です。

 

審査の最終確認段階となります。

 

電話で在宅確認をし、また勤務先への確認が行われます。

 

電話での内容は

 

「○○と申しますが、△△さんいらっしゃいますか?」と

 

このように会社名を名乗らず、個人名で聞かれるだけです。

 

特に細かい事を聞かれる訳ではなく、在籍確認が取れれば問題なくキャッシングを受ける事ができます。

 

では次は無職でも借入は可能かのか?についてお話したいと思います。

無職でも借りられる!?消費者金融

 

無職でも借りれる消費者金融は、無いと思った方が良いでしょう。

 

消費者金融を利用する場合は、収入がある事が条件となってくるようです。

 

 

もし仮に借りた過程として、借りた分の返済はどう返していくの?
収入もなく毎月の返済が果たして可能と言えるのだろうか?

 

そうなると貸した側も慎重になるのはわかりますね。

 

これは大手とか中小関係なく同様だと言えるでしょう。

 

アルバイトでもパートでも良いので、毎月一定の収入があれば借りれるかもしれません。

 

 

実際に借りれてる人も多いようなので、まずは収入を得る事をオススメします。

 

ちなみに大手消費者金融は、審査が厳しいと言われています。

 

毎月一定の収入があった場合でも、借りれない可能性があるかもしれません。

 

 

なので、借りやすい消費者金融を利用するなら中小で審査に申し込む事をオススメします。

 

 

中小なら大手よりも審査が甘く借りやすくなっているので、最初から中小の消費者金融を利用することをおススメします。

多重債務者相談協会

中小の消費者金融限定!

一度に50社申し込み!

⇒多重債務者救済システムはこちら!

一度に50社だから脅威の融資率99%を維持しています。